元WiMAX販売スタッフが説明するWiMAX情報サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月15日 WiMAXコラム

GMO WiMAXとワイヤレスゲートWiMAXを徹底比較!

 

高額キャッシュバックがお得な「GMO WiMAX」と、ヨドバシカメラで申し込み可能な「ワイヤレスゲートWi-Fi + WiMAX2+(※以下ワイヤレスゲートWiMAX)」を今回比較します。

 

GMO WiMAXについては、ネット上のWiMAX比較サイトにおいて、よく登場するため知っている人は多いと思いますが、ワイヤレスゲートWiMAXに関してははじめて聞く人も多いかもしれません。

 

それぞれのメリット・デメリット・実質費用・サービスについて解説するので参考にしてください。

GMO WiMAXのメリット・デメリットを解説!

 

メリット

 

キャッシュバックの金額が大きい!

 

GMO WiMAXでは毎月定期的にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

金額は通常3万円以上となり多いときは4万円近い金額の場合もあります。

 

これほど高額なキャッシュバックをおこなっているWiMAXプロバイダは他にありません。

 

ちなみにWiMAXの回線元(MNO)にあたる、UQ WiMAXの記事執筆時のキャッシュバックは3,000円でした。

 

20日以内の解約なら違約金が発生しない!

 

GMO WiMAXと契約後、20日以内なら違約金を支払わずに解約できます。

 

ただし、申込み時のピンポイントエリア判定が「○」であることが条件です。

 

なお、解約日までの月額料金の日割料金の他、端末返送時の送料、事務手数料は支払わなくてはいけません。

 

専用クレードルが無料!

 

他社WiMAXプロバイダにおいて、端末代が無料のところは他にもありますが、GMO WiMAXでは専用クレードルも無料となります。

 

クレードルとはWiMAXを置くスタンドで、LANポートを装備しているため、PCと有線接続が可能です。

 

WX05

引用:Speed Wi-Fi NEXT WX05|UQ WiMAX

 

上の画像はWX05本体をクレードルに置いた状態です。

 

デメリット

 

キャッシュバックの受取手続きが面倒!

 

キャッシュバックの金額が大きいのはメリットなのですが、一方で受取手続きが面倒な点がデメリットです。

 

GMO WiMAXと契約後の11ヶ月目に、キャッシュバックの受取手続きに関するメールが、GMO専用メール宛に届きます。

 

そのメールの内容に従い受取口座情報を登録しなければいけません。

 

メールの存在を忘れないために、カレンダーアプリなどを使って覚えておくことが大切です。

 

サポートセンターへの電話がつながらない!

 

何か質問があるとき、GMOのサポートセンターに電話で問い合わせたい場合もあると思います。

 

しかし、電話がつながりにくいのがネックです。

 

1時間以上待ったのにオペレーターが出ないということも珍しくありません。

 

そんなときは「折り返し電話」をオススメします。

 

こちらのページから必要事項を入力することで、後ほど担当者から折り返しの電話がかかってきます。

 

もしくは、メールでの問い合わせも受け付けているので、希望する方はこちらのページを参考にしてください。

 

指定オプションサービスへの加入が必須!

 

GMO WiMAXへの申込みの際は、端末修理補償と公衆無線LANの2つのオプションサービスに加入しなくてはいけません。

 

どちらもあると便利なものですが有料のサービスです。

 

もしも不要と感じた場合はGMO WiMAXとの契約後に解約して構いません。

 

オプションサービスには1~2ヶ月間の無料期間が設けてあるため、すぐに解約すれば料金は発生しません。

ワイヤレスゲートWiMAXのメリットとデメリットを解説!

 

メリット

 

契約期間は2年間と3年間!

 

GMO WiMAXの契約期間は3年間のみですが、ワイヤレスゲートWiMAXは、2年間と3年間のうち好きな期間を選択できます。

 

3年契約のメリットは通常、利用した月は別途1,005円請求されるLTE使用料が、無料となることです。

 

実店舗から申込みできるためスタッフに直接質問できる!

 

ワイヤレスゲートWiMAXは、ワイヤレスゲートのホームページから申込みできる他、ヨドバシカメラの実店舗でも申し込むことができます。

 

そのためわからないことをスタッフに直接質問できるのがメリットです。

 

申込み当日に端末を受け取ることができる!

 

在庫状況にもよりますが、ワイヤレスゲートWiMAXは店舗での申し込みに対応しているため、契約手続きが完了したあとすぐ端末を受け取ることができます。

 

WiMAXの場合、ルーターを受け取った時点でインターネットができるので、はやく利用したい人にとって便利です。

 

実機に触ることができる!

 

店舗で申し込み可能なワイヤレスゲートWiMAXは、申込み時に実機に触れることができるのがメリットです。

 

デメリット

 

通常プランがない!

 

GMO WiMAXには、ひと月のデータ量が無制限のギガ放題プランと、ひと月7GBまでの通常プランがあります。

 

ひと月に利用できる容量が少ない分、通常プランの方がお得なのですが、残念ながらワイヤレスゲートWiMAXでは取り扱っていません。

 

WiMAXのキャンペーンが弱い!

 

ワイヤレスゲートWiMAXのキャンペーンは、WiMAXと同時購入する電化製品の商品割引です。

 

現金キャッシュバックや月額料金割引はありません。

 

そのためWiMAX単体で申し込みたい人にとっては利用しやすいとは言えません。

GMO WiMAXとワイヤレスゲートWiMAXの月額料金を比較!

 

GMO WiMAXとワイヤレスゲートWiMAXの月額料金を表にまとめたので見てください。

 

  GMO WiMAX ワイヤレスゲートWiMAX
ギガ放題プラン 端末受取月~2ヶ月目:3,609円/月
3ヶ月目以降:4,263円/月
端末受取月以降:3,880円
通常プラン 端末受取月以降:3,609円
契約期間 3年 2年/3年

 

GMO WiMAXの場合、3ヶ月目以降ひと月4,263円となりますが、ワイヤレスゲートWiMAXは、端末受取月以降ずっとひと月3,880円となります。

 

これだけ見るとワイヤレスゲートの方がお得に感じると思いますが、GMO WiMAXはキャッシュバックがあるため、実際には大幅にコストを抑えることができます。

 

それぞれの実質費用に関しては次の項目で解説するので参考にしてください。

GMO WiMAXとワイヤレスゲートWiMAXの実質費用を比較!

 

この項目ではGMO WiMAXとワイヤレスゲートWiMAXの実質費用を計算しています。

 

比較しやすいようにどちらも3年間の金額を記載しています。

 

※GMO WiMAXのキャッシュバックは記事執筆時の金額です。

 

プロバイダ  GMO WiMAX ワイヤレスゲート
WiMAX
キャッシュバック 34,700円
契約期間 3年 3年
契約事務手数料 3,000円 3,000円
端末代 無料 15,000円
送料 無料 無料
LTEオプション 無料 無料
月額料金 端末受取月~2カ月目:3,609円
3カ月目~36カ月目:4,263円
端末受取月以降:3,880円
実質費用 119,806円 157,680円

 

結果を見ると、キャッシュバックの金額が大きいGMO WiMAXの方が圧倒的にお得ということがわかりました。

auスマートバリューmineに対応しているか?

 

WiMAXのサービスには、auのスマホ(ケータイ)と、WiMAXを合わせて使うことで、auの月額料金が最大1,000円お得になる「auスマートバリューmine」のサービスがあります。

 

auユーザーにとってとてもお得なサービスなのですが、WiMAXによっては対応していないケースも少なくありません。

 

今回テーマとなるGMO WiMAXとワイヤレスゲートWiMAXについては、どちらも問題なく対応しているので安心してください。

まとめ

 

今回はGMO WiMAXとワイヤレスゲートWiMAXの比較を解説しました。

 

当日受取が可能、申込時にスタッフにわからないことを質問できる、などのメリットがあるワイヤレスゲートWiMAXでしたが、コストを抑えたい人にとっては、キャッシュバックの金額が大きいGMO WiMAXがオススメです。

 

ただし、GMO WiMAXのキャッシュバックはきっちり受け取れるよう注意してください。

 

GMO WiMAXに興味を持った方は下の関連記事も参考にしてください。

公式サイトを見る

あなたにピッタリのWiMAXを検索!

ご希望の条件を選択して
あなた自身にぴったりなWiMAXを見つけよう!

絞り込み検索はこちら

あなたにピッタリなWiMAXを検索!

RANKING

サイト内ランキング

サイト内ランキング

ランキング一覧

ランキング一覧

WiMAXの新着記事

WiMAXの新着記事

よく読まれる記事

よく読まれる記事