元WiMAX販売スタッフが説明するWiMAX情報サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月18日 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのホームルーターでお勧めは?固定回線よりお得な理由

GMOとくとくBBで家庭用のWiMAX、「ホームルーター」の申込みを検討している人もいると思います。

 

そこで今回はオススメのホームルーターや選び方を紹介します。

 

また、ホームルーターのメリット・デメリット、固定回線とどっちがお得で使いやすいのかについても解説するので、参考にしてください。

GMOとくとくBBのホームルーターはどれを選ぶべき?

 

GMOとくとくBBで取り扱いのあるホームルーターの中で、どの製品を選ぶのがよいか迷っているかもしれません。

 

結論からお話すると、より性能のよい最新機種がオススメです。

 

記事執筆現在では最新機種は「L02」となっています。

 

こちら、下り最大速度は1.2Gbpsです。

 

その他の機種では下り最大440Mbpsとなります。

 

最大速度は実効速度(実際の速度)ではありませんが、ポテンシャルの高さは圧倒的です。

 

他にも、L02は同時接続台数が最大40台となっており、ひとつ前に発売されたNECプラットフォームズ株式会社のHOME 01の22台と比較しても多いのが特徴です。

 

対応ネットワークは、WiMAX2+とau 4G LTEそれぞれの回線に対応します。

 

以上の理由から、性能のよい最新機種を申し込めば失敗することはありません。

 

参考に本記事執筆現在、最新機種であるL02のスペックを紹介します。

 

【Speed Wi-Fi HOME L02】

L02

引用:端末紹介|GMO

 

・製品名:Speed Wi-Fi HOME L02

 

・製造元:HUAWEI

 

・対応ネットワーク:WiMAX2+/au 4G LTE

 

・最大速度:下り1Gbps/上り75Mbps

 

・重さ:436kg

 

・サイズ:93(W)×178(H)×93(D)mm

 

・最大同時接続数:40台

 

・電源:ACアダプタ

ホームルーターのメリット・デメリットを紹介!

 

家庭用のWiMAXに、モバイルタイプとホームタイプのどちらのルーターにするか悩んでいる人もいると思います。

 

そこでここでは、モバイルルーターと比較した場合、ホーム―ルーターのメリット・デメリットは何なのか解説するので見てみましょう。

 

メリット

 

WiFi電波が強い

 

ホームルーターは家庭で利用することを目的とした製品のため、モバイルルーターと比べWiFi電波が強く遠くまで届きやすいのが特徴です。

 

基本的にモバイルルーターだと、利用する機器の近くにルーターを置かなければ電波が届きません。

 

ホームルーターなら、家族が別々の部屋でネットを利用する場合でも電波が届きやすく使いやすいのが特徴です。

 

デザインが良く部屋のインテリアとしても◎

 

シンプルなデザインなのでどんな部屋にも合います

 

配線はコンセントひとつのためゴチャゴチャせず、邪魔にならないのもメリットです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

★みん★さん(@mikistagram24)がシェアした投稿

 

同時接続台数が多い

 

最大同時接続数が40台と多いため、オフィスなど大人数で利用する場合でも安心です。

 

また、家庭でもインターネットに接続する機器が多い場合にホームルーターは役立ちます。

 

デメリット

 

ホームルーターの最大のデメリットは外で利用できないことです。

 

モバイルルーターのように、バッテリー動作に対応していませんし、サイズも大きいです。

 

ホームルーターは複数人で利用する場合に役立ちますが、もしあなたがひとり暮らしの方なら、モバイルルーターをオススメします

 

家の中、外問わずWiMAXのサービス提供エリアならどこでも利用でき便利です。

ホームルーターと固定回線を比較!なぜWiMAXがオススメか?

 

家庭用のインターネットとして、WiMAXのホームルーターと固定回線のどちらにしようか迷っている人もいると思います。

 

ですがオススメはWiMAXです。

 

その理由をまとめました。

 

・コストをおさえることができる

 

・配線がスッキリしている

 

・快適にインターネットを楽しめる

 

・すぐに使える!

 

・引越しのときでも手続きが簡単

 

コストをおさえることができる

 

光回線の月額料金は戸建てと集合住宅で金額は異なります。

 

  戸建タイプ 集合住宅
月額料金 5,100円~ 3,450円~
工事費 18,000円 15,000円

 

※参考:フレッツ光

 

金額はこのようになっています。

 

高額な工事費がかかるのがネックです。

 

一方、GMOとくとくBBはギガ放題プランが月額4,263円、通常プランが3,609円です。

 

回線工事がないため当然工事費はかかりません。

 

配線がスッキリしている

 

光回線やADSLといった固定回線の場合、ルーターやモデムの配線がごちゃごちゃして邪魔になりやすいです。

 

見た目もよくなくインテリアにも馴染みません。

 

また、つなぎっぱなしのため掃除がしにくくゴミもたまりやすいのもデメリットです。

 

一方ホームルーターなら、電源コード一本だけなので配線がシンプルです。

 

また、デザインもスマートで、いかにも機械といったルーターやモデムと比べ、どんなお部屋にも馴染みやすいが特徴です。

 

また、重さもないため移動しやすく掃除の邪魔にもなりません。

 

快適にインターネットを楽しめる

 

WiMAXと光回線の通信速度はどちらが速いのか気になる人も多いと思います。

 

現在NTTフレッツ光の最大速度は1Gbps、WiMAXは最大1.2Gbpsです。

 

通信速度は回線の混雑状況や電波の受信状況などで変わるため、実際の速度ではありませんが、それでも比べるとWiMAXの方が上です。

 

最大速度1Gbpsの実効速度は最速でも100~300Mbps程度となります。(※参考:RBB SPEED AWARD 2017結果発表~2017年最速のキャリアやプロバイダを表彰!~

 

おおよそ、50Mbpsの速度があればネットだけでなく動画もスムーズに視聴できます。

 

すぐに使える!

 

GMOとくとくBBでは、WiMAX端末の即日発送に対応しているため、2,3日待てば端末を受け取りネットが使えるようになります。

 

一方固定回線の場合は必ず開通工事が必要となるため、申込み後すぐにはネットを使えません

 

申込み状況にもよりますが、1~3カ月程度待つ場合もあります

 

ネットをできない期間は、別途モバイル端末をレンタルしなくてはいけないなど、面倒なのがネックです。

 

引越しのときでも手続きが簡単

 

引越しをする際、固定回線の場合は手続きの他に撤去作業が必要です。

 

作業の日程調整をするなど手間がかかりますが、WiMAXなら作業はないためスムーズに移動できます

ホームルーターをお得に利用するならBroad WiMAXがオススメ!

 

すでにご存じかもしれませんが、GMOとくとくBBは3万円を超えるキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAXです。

 

そのためホームルーターを検討している人にとって魅力的に感じるかもしれません。

 

しかし、キャッシュバックの受取方法がわかりにくいのがデメリットです。

 

実際にキャッシュバックを受取れない人も少なくありません。

 

 

 

それよりキャッシュバックがなくても、代わりに月々の料金が低く設定されているBroad WiMAXがオススメです。

 

興味ある人は関連記事を読んでください。

2019年12月1日 | Broad WiMAX

Broad WiMAX最新キャンペーン紹介!初期費用無料の条件に注意!

 株式会社リンクライフが運営する、「Broad...

GMOとくとくBBのホームルーターまとめ

 

ホームルーターは複数人でネットを利用する上でオススメのWiMAXルーターです。

 

ひとり暮らしで利用する分にはモバイルルーターでも問題ありません。

 

WiMAXなら固定回線よりも安く利用できるのがメリットです。

 

ただし、確実にお得に使いたいならキャッシュバックのないBroad WiMAXも検討してみてください。

公式サイトを見る

あなたにピッタリのWiMAXを検索!

ご希望の条件を選択して
あなた自身にぴったりなWiMAXを見つけよう!

絞り込み検索はこちら

あなたにピッタリなWiMAXを検索!

RANKING

サイト内ランキング

サイト内ランキング

ランキング一覧

ランキング一覧

WiMAXの新着記事

WiMAXの新着記事

よく読まれる記事

よく読まれる記事